Wii U メニューの わらわら広場の挙動 任天堂全般、2016/05/12 00:00

■ 以下は 2016/5/11 のツイッターの投稿に基いています。

Wii U のメニューはゲームパッドとテレビに違う内容が表示されて、パッドではパッドの画面しか操作できない。X‐ボタンで両者を入れ替えられる。折角スティックが二本あるんだし、左でパッドを、右でテレビを操作できたらいいのに。

Wii U メニューの「わらわら広場」には十個のゲームタイトルが円形に並び、それぞれの近くに Mii がたくさん立っている。L か R を五連打するとタイトルの配置が半周するので、それを追い掛ける Mii が中央でスクランブル交叉点みたいになる。擦り抜けずにちゃんと押し合ってる。

ロクヨンの『時のオカリナ』『ムジュラの仮面』で使い回されていた門は、3DS ではそれぞれ作り直された 任天堂全般、2015/03/25 00:01

■ 以下は 2015/3/24 のツイッターの投稿に基いています。

ロクヨン版の『ムジュラの仮面』で『時のオカリナ』からそのまま使い回されていた二つの門は、3DS‐版ではそれぞれにふさわしいように作り直されたようです。時オカ 3D の画像は YouTube から拝借。

なお、『時のオカリナ 3D』の方を解読すると「ロンロンボクジョウ」「カカリコ ボチ / ヨウコソ ボチヘ」。

『ムジュラの仮面 3D』リメイクでマニ屋周辺の描き込みが大幅に詳しくなった 任天堂全般、2015/03/22 00:00

■ 以下は 2015/3/21 のツイッターの投稿に基いています。

マニ屋の屋上に大きな椰子のような木が生えてるのが見える。『ムジュラの仮面 3D』は西地区のお店辺りに生活感が増してて面白いですね。洗濯場から見上げるのも良い。でもそれ以外の場所は相変わらず家らしくない壁が多いな。一応窓や屋根が付いてて、建物のつもりなんだろうけど…。

マニ屋の隣の建物にはベランダが付いて、鉢植えが並んでて、いかにも人が住んでそうな雰囲気になった。これぐらいの改変を町全体でやってくれたら嬉しいんだけど。明らかに西地区だけ「重点的に」弄ってある。

クロックタウン西地区、マニ屋周辺の様子を 3DS‐版とロクヨン版で見比べられるようにしました。リメイクで特に重点的に描き込まれた所だと思います。ともかくグレッゾのスタッフを称えましょう。

洗濯場から見上げた時の様子も比較しました。マニ屋の裏なんだなーと感じられるようになりましたね。三時間掛けてこの画像を作った私も少しねぎらって下さい。

3DS‐版に慣れてからロクヨン版を見ると「こんなにノッペリしてたっけ…」って驚きます。「ない部分」は意識しないですもんね。洗濯場の頭上も、西地区の二階も、追加されたので初めて描写として受け取れるようになった。

マニ屋の建物が赤くなったのは、単に美観の為ではなく、裏から見ても「マニ屋だ」と認識できるような特徴を持たせたかったんだろう。よく出来てる。キータンのお面の人が隠れている扉はマニ屋ではなく雑貨屋の裏である事に今更気付く。これでは親父の裏の顔がすぐバレそう。

『ムジュラの仮面 3D』の主観視点での視野は、ロクヨン版の縦幅を保ったまま横に広がったようです。但し実効的にはもっと広くなっている。ロクヨンでは画面上にボタンだの体力だの時計だの重なっていたし、一般的なブラウン管テレビに映すと映像の外周が隠れるし。