通知の頻度と評価の受け付け pixiv、2016/05/23 00:00

■ 以下は 2016/5/22 のツイッターの投稿に基いています。

pixiv の被ブックマーク通知は各作品の最初の十人までは常に届くけど、その次は 20 人、30 人に達する時まで無視されるから、11〜19 人目は「知らないうちにブクマされてる」感じになっちゃうんだよな。「人気作家は毎回通知されても困るでしょ」みたいな意図かね。融通が利かない。

評価点もそういう挙動なので、褒める意味で評価やブックマークをしても通知が届かず、画家は気付かなかったりする。「知らないうちに数値が増えてるけど、今までの値なんか覚えてないから増えたと分からない」という具合。確実に通知を届けるにはコメントを書くしかない(但しスタンプは無通知)。

三人目の評価も 25 人目の評価も等しくありがたい筈なんだけど。反響の合計ばかり見て価値を測るような態度を強化する挙動ではないか。まあ合計値でランキング作る pixiv なので疑いもしないんだろう。pixiv って全体的に考えが浅いからな(何度も言ってる)。浅い創作にお似合いか。


これも前から言ってるけど、評価点の受け付けを作者の意志で停止する選択肢が必要だろう。「十点中一点」なんか嫌がらせになってるし。YouTube の動画にも評価やコメントを受け付けない設定があるだろうに。スマートホンでは十点しか入れられないんだっけ ? 選ばせろって事であって廃止しろって事ではないんだけど…変更するならパソコン用も統一すべきだし、何でバラバラなの。

不統一と言えば、非ログイン状態で見た場合とログインして見た場合でページの体裁が全く違うのが謎。以前「pixiv.com」という別ドメインで異なるインターフェイスで同内容を提供していたのも謎。「過渡的な状態」かと思えばずーっと不統一の併存状態が続くんだよなあ、pixiv は。

サービスの質の良さというより日本の二次創作文化にあやかって客を集めてる感じ。そんな所に私は毎月五百円を落としてる(止めたい)。

タグ:pixiv

マイニンテンドーピクロスの第一印象 ピクロス、2016/05/21 00:00

■ 以下は 2016/5/20 のツイッターの投稿に基いています。

『マイニンテンドーピクロス』を受信した。遊び方の説明をミドナが喋ってるけど、説明の進め方は『ポケモンピクロス』のテトラ博士と同じだ。「さっき付けたバツがもう役に立つ」「勘に頼らずに解ける」「盤面の端が確定すると強力」みたいな。伝えるべき事は決まっていて、言葉使いだけ違う。

従来「ノーマルルール」と呼ばれていたのが『マイニンテンドーピクロス』では「正解オートチェック : On」という表現になってる。問題解いてる途中に設定を変更できないの不便だな。まあそう頻繁には弄らないけど…わざわざ変更できないようにしたのはどういう理由だろう。

『ピクロス e』では「ギブアップ」、『ポケモンピクロス』では「リタイア」と表現される操作が『マイニンテンドーピクロス』では「やめる」になってる。盤面が表示されてから「START !!」という文字に二秒近く待たされるので調子狂う。盤面が出てるって事は解き始められるって事なのに。

塗った直後にバツを付けると、塗り効果音の末尾が消える。多分『ピクロス e』と同じ実装なんだろうけど、『マイニンテンドーピクロス』(トワプリ)では音の終わり(リリース)が長めなので、同チャンネルで掻き消されるのが露呈してる。まあ支障はない。

バッジとれ〜るセンターに岩田さんの Mii が出現 任天堂全般、2016/05/20 00:01

■ 以下は 2016/5/19 頃のツイッターの投稿に基いています。

『バッジとれ〜るセンター』に岩田さんの Mii が来店していた。これは多分「特別な Mii」ではなく、誰かが模倣して作った奴かな ? 何だかソフトを終了するのが名残惜しい。

無料プレイを済ませたあと、Miiverse‐広場に移ってすぐ入るのが日課の流れなので、この位置にいた岩田さんの Mii は画面の暗転中に一瞬見えて「!?」となった。出入りする度に立ち位置が変わるらしく、また手前に来てくれるまで数往復した。