二次創作の創造性 二次創作の態度、2016/04/18 00:00

■ 以下は 2016/4/17 のツイッターの投稿に基いています。

漫画の登場人物や場面を描くのも、平仮名を描くのも、既存の対象に自分の解釈を乗せて表現するという点では全く同じだよ。美しい曲線や全体の均整を求める点も絵を描くのと大体同じだよ。ただ、文字は誰かの著作物でないという点では違う。

文字は生き物でないという辺りもまあ違う(敢えて無視している)。

前から書いてるけど、現実の物を絵にするのと、漫画の二次創作で絵を描くのとは、創造性という点ではほとんど同じ。どちらも既にある形の解釈だ。著作権の存在が違うだけ。ただ、原作の画風をそのまま模倣してたら、その点で創造性が乏しいとは言えるか(そこは今まで書かなかった)。

現実の物を「漫画化」するとしたら、その過程に必ず独創性が含まれる。既に漫画である物を改めて漫画として表現する場合、独創性の度合いに幅がある。だから何って、別に。

タグ:二次創作